1. TOP
  2. ブログ
  3. 1DKと1LDKの違いって何?

1DKと1LDKの違いって何?

 

物件探しをしていると「DK」や「LDK」といった文字をよく目にすると思います。

いきなりですが、皆さんは1DKと1LDKの違いはご存じですか?

私はこの仕事を始める前はこの2つの違いが正直あまりよくわかりませんでした…

そこで今回は不動産の豆知識ということで1DKと1LDKの違いについて説明したいと思います!

 

その前に「L」「D」「K」について簡単に触れておきたいと思います。

K:キッチン Kitchenの頭文字

L:リビング Livingの頭文字 リビングは日本語で「居間」という意味です。

D:ダイニング Diningの頭文字 ダイニングは日本語で「食堂」という意味です。

S:Storage Roomの頭文字 納戸という意味です。

DK:ダイニングキッチン Dining Kitchenの頭文字

LDK:リビングダイニングキッチン Living Dining Kitchenの頭文字

DK、LDKの前につく数字は、DK、LDK以外にいくつ居室があるかを表します。

つまり、1LDKはリビングダイニングキッチンが1つの空間にあり、その他に居室が1つある間取り、

2DKはダイニングキッチンが1つの空間にあり、その他に居室が2つある間取りということになります。

 

さて、本題の1DKと1LDKの違いについてですが、

「不動産の表示に関する公正競争規約」の取り決めによると

キッチンのある部屋の広さが4.5帖以上8帖未満だと1DK、8帖以上で1LDKとなります!

(※部屋数が2部屋以上の場合は6帖以上10帖未満でDK、10帖以上でLDKになります)

上記の説明だけでは少々わかりにくいと思いますので、間取図を使って説明したいと思います。

 

 

①のお部屋は、キッチンのあるお部屋が5.0帖なので、先ほどご説明した定義にあてはめると

4.5帖以上8帖未満ですのでDKになります。

その他洋室6帖の居室が1部屋あるので、①のお部屋の間取りは1DKということになります。

 

②のお部屋は、キッチンのあるお部屋が9.0帖なので、先ほどご説明した定義にあてはめると

8帖以上なのでLDKになります。

その他洋室7.5帖の居室が1部屋あるので②のお部屋の間取りは1LDKということになります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

お部屋を選ぶ際の参考になればと思います。

この記事を書いたスタッフ

堀内 (ま)営業

堀内 (ま)|営業

主に賃貸業務を担当しております。不動産業界に携わるのは初めての経験であり、まだまだ至らない点も多いとは思いますが、お客様一人ひとりに対し懇切丁寧な対応を心がけております。日々向上心を持って一生懸命取り組んで参りますので、どうぞ宜しくお願いします。

このスタッフの記事一覧を見る