1. TOP
  2. ブログ
  3. 山菜 パートⅢ~コンフリー、ヤマグワ、コーレ、ミネバ~

山菜 パートⅢ~コンフリー、ヤマグワ、コーレ、ミネバ~

信州は、山菜の宝庫、、、、、シリーズでご紹介

食用となる山菜も、季節の移り変わりと共に採取の場所や、種類、食べ方が変わります。

信州の豊かな恵みに感謝し、食卓に並べて家族で味わう素朴な味は、一入(ひとしお)ですね!

 

コンフリー

土手や荒れ地に良く見られ、栄養価が高く、奇跡の草などと言われたことがあり、生葉を天ぷらに、

又、干して葉を煎じて、コンフリー茶等にして楽しめる。

IMG_5814.jpg

ヤマグワ

 

養蚕が盛んだった頃の栽培桑が身近に見られるが、食用として意外に知られていない。

葉はそのまま天ぷらにし、淡白の中にも野生の味がする。

果実は生食、ジュースやジャムにすると美味。

IMG_5807.jpg

 

 いたどり土手やつどど

 

コーレ

 

ソフトな味が特徴。

生のまま煮付け、油こしょう煮、茹でて酢の物や、あえ物にする。

高山の湿地帯、崖等に分布しているが、平坦地でもあちこちに見られる。

IMG_5812.jpgのサムネイル画像

 

 

ミネバ 

 

方言でトトキとも言う。

全国的に知られている山菜であるが、雑草に混じっているため見分けが難しい。

舌触りが良く、和え物、卵とじ、煮付けにすると良い。

IMG_5809.jpg

 

この記事を書いたスタッフ

株式会社サンケイ

株式会社|サンケイ

長野県茅野市、諏訪市、岡谷市、下諏訪町、富士見町、原村の[不動産]土地、建物の売買(賃貸)のご相談は不動産の(株)サンケイへお気軽にご連絡ください

このスタッフの記事一覧を見る